ワンルームマンション投資系サラリーマンよ!この3つの愚行が失敗に導く

スポンサーリンク
不動産投資に失敗した女性投資家

ワンルームマンション投資は初心者向けの不動産投資とも言われるが、ある意味そのとおりだ。

なぜなら、区分マンションは管理がオールインワンで付いてくるため、(一棟モノと比較して)リスクが圧倒的に低いからだ。
(もし、あなたがワンルームマンション投資で失敗するようであれば、一棟モノの不動産投資でも勝てないだろう)

しかしながら、「ワンルームマンション投資は初心者のサラリーマンが多い」という特徴もあり、投資家の多くが失敗するのも事実だ。

そんな初心者サラリーマン投資家が犯しがちな3つの過ちを解説したい。

スポンサーリンク

不動産投資の失敗パターン1
キャッシュの浪費

サラリーマンが投資家デビューしたとき、給与以外から収入が入ってくるようになる。

最初はウハウハ~ッとなり、マンション経営で得た収益のすべてを散財するかもしれない。それが不動産投資を失敗に導く。

しかし、その喜びも束の間。
いつかは空室になり、初めての赤字をマンション経営で生々しく経験するだろう。

サラリーマン大家は終わらない!成功失敗がハッキリするだけだ

空室で家賃収入が途絶えても、区分マンションは所有しているだけでランニングコストはなくならない。

収益の散財後は、その赤字をサラリーマンの給与から補填するしかないのだ。

区分マンション投資を甘く見るな!ランニングコストはこんなにドッサリ

不動産投資の失敗パターン2
カミングアウト

不動産は所有欲を満たしてくれるし、富を世間にアピールする格好の材料だ。

しかし、あなたが「不動産投資家として成功したい」「サラリーマンとしての地位を守りたい」と強く願うなら、不動産投資をしている事実を(会社関係者に)知られてはいけない

投資用不動産を持っていることを、自らカミングアウトするなんて愚の骨頂である。

この欲望や承認欲求は不動産投資家を失敗に導く。

なぜか?

その理由はサラリーマン社会にある。

ワンルームマンション投資を中心に、不動産投資に興味を持つサラリーマンは増えてきたが、不動産投資は市民権を得たとは言い難い
「不動産投資は金持ちがする投資」というイメージが未だに付きまとっている。
株やFX投資と次元が違うのだ。

それを行っていると知った上司・同僚・部下はどう思うだろう?

表向きは「凄いね!」「どうやってするの?」と言ってくれるかもしれないが、腹の中では別のことを考えているものだ。

あなたがプロサラリーマンなら想像できるだろう。あえて書かない。

不動産投資の失敗パターン3
目的が違う

ワンルームマンションは投資目的で購入しなくてはならない。

別の目的で購入した場合、その目的は達成できるかもしれないが、投資単体としては失敗する。
もしくは、その別の目的も投資も両方失敗する。

節税目的

不動産所得で赤字を出せば、節税できる。
サラリーマンの給与から赤字分を控除できるからだ。

サラリーマンがワンルームマンション投資で節税できる仕組みはこう!

だから、キャッシュフローをプラスにしながら不動産所得を赤字にできれば、この仕組みはフルに発揮される。

できるサラリーマン大家は知っている!キャッシュフローと不動産所得の違い

しかし、キャッシュフローがマイナスであれば、不動産所得が赤字で節税できたとしても、不動産投資には失敗しているのだ。

初心者必見!ワンルームマンション投資はこうすれば失敗できる

生命保険代わり

ワンルームマンション投資は生命保険代わりにもなる。

ワンルームマンション投資を融資を使って買うと、もれなく団信が付いてくるからだ。

初心者でもわかる!ワンルームマンション投資が生命保険代わりになる理由

しかし、新築ワンルームマンションを融資を使って買ってしまうと、マイナスキャッシュフローが出るため、投資では失敗に終わる。

生命保険に入りたいのであれば、不動産屋さんではなく保険屋さんへ行こう。

軽い失敗では済まない!新築ワンルーム投資地獄の世界へようこそ

年金代わり

ワンルームマンション投資は年金代わりにはならない。
年金代わりに(融資を使って)不動産を買った時点で失敗している。

なぜなら、ローン返済が終わる数十年後、あなたの区分マンションが市場で競争力を保っている保証がないからだ。

ワンルームマンション投資で年金対策?それは失敗に終わるだろう

不動産投資は入居者が家賃を払ってくれるから成り立つ。
競争力を失い、空室率が上昇したり、スラム化した不動産は負動産でしかない。

サラリーマン大家の実態はこう!実は地味系と初心者が多い

まとめ

ワンルームマンション投資をするサラリーマンを失敗に導く3つのあやまち

  1. キャッシュの浪費
  2. 職場での不動産投資家カミングアウト
  3. 生命保険、年金代わりや、節税目的で購入する