節税

節税

フリーザ様も驚いた!?不動産投資の減価償却費を使った節税率表を公開

減価償却費がたくさん計上すれば節税対策になると信じられている。しかし、それは半分は的を得ているが、半分は的外れである。「節税率表」を用いて、それを解説しよう。
節税

ワンルームマンションを売却!その税金(譲渡税)はこう計算する

譲渡税はキャピタルゲイン(売却益)にかかる税金のことであるが、単純に「売却価格-購入価格」にかかる税金ではない。その複雑な譲渡税の計算を簡単に解説しよう。
節税

ワンルームマンションの売却にかかる5つの費用 譲渡費用にできるのはどれ?

ワンルームマンションを売却するのに必要な費用は主に5種類だ。しかし、この全てが譲渡費用になるわけではない。なぜなら、譲渡費用にできるのは「売るために直接かかった費用」と決まっているからである。
節税

ワンルームマンションを売却!その取得費はこう計算する

[区分マンションの取得費=物件購入価格]ではない。物件価格、仲介手数料、固定資産税等清算金、減価償却費などを使って、このようにして計算するのである。
節税

不動産を売却!そのとき節税のキモだった減価償却費が牙を向く

減価償却費は「現金の支出を伴わないが、必要経費に計上できるありがたい節税アイテム」と考えられているが、実は違う。なぜなら、節税分は売却時にしっかり回収されてしまうからだ。
節税

不動産投資の減価償却費が終了!そこから始まる税金地獄がコレだ

不動産投資の減価償却費は上手に活用すれば節税ツールに使える。しかし、減価償却費がなくなったとき(耐用年数が終了したとき)税金地獄が待っている。なぜ、そうなるのか?それを解説する。
節税

東京中古ワンルームで節税失敗!嘘だろ?いきなりデットクロスかい!

「東京中古区分マンションで減価償却費を増やして節税」を目論んだが見事に失敗した。なぜなら、最初からデットクロスが起こっていたからだ。
節税

新築ワンルーム投資の3大セールストーク「節税、年金、保険」は失敗への誘いだ

「節税、年金、生命保険」はサラリーマンを新築ワンルーム投資に誘う3大セールストークである。ワンルーム投資はこの3つのニーズを満たすことができるが、新築という条件が付くとそうはいかない。失敗に終わる。
節税

ワンルームは建物と設備に分けて減価償却すると節税効果が高いはウソ

単年度ベースでみると、ワンルームは建物と設備に分けた方が節税効果が高いが、全体ベースでみると節税効果は同じである。しかし、不動産所得が赤字で「土地のローン返済の利息部分」が多い場合は損をする。
節税

ワンルームの減価償却費は建物と設備に分けるも良し!その計算方法はこう

建物一式を建物と設備に分けて減価償却すれば、早く償却できる。なぜなら、建物と設備では法定耐用年数が違うからだ。建物と設備に分けて減価償却費を計算する方法を4つのステップで解説する。
タイトルとURLをコピーしました