会計フリーの料金 | 不動産投資ならスタータープランだってここまでできる!

確定申告
この記事は約7分で読めます。

クラウド会計ソフトfreee(会計フリー)には、3つの料金プランが用意されています。

  • スタータープラン(月額料金1180円)
  • スタンダードプラン(月額料金2380円)
  • プレミアムプラン(年額料金39800円)

 

女性投資家
女性投資家

何でプレミアムプランだけ年額なん?

ブログキャラぴろり
ぴろり

理由はわからないけど、そうなんなんだ。
スタータープランとスタンダードプランは、月払いと年払いが選択できる。年払いにすると、2カ月分安くなるよ

 

結論をいきなり言っちゃいます。

会計フリーを不動産投資(不動産所得の確定申告)に使うなら、スタータープラン(月額料金1180円)で十分です。

 

その理由を知りたい方は、この先をどうぞ!

会計フリーの各料金プランの特徴

さっそく各料金プランの特徴から解説しますね。

会計フリーの料金とプランを表にまとめるとこうです。

会計freeeの新料金プラン

出典:会計freee(公式)

 

スタータープラン(月額料金1180円)

スタータープランでできること

 

スタータープランは最安値(月額料金1180円)の有料プランです。

(上位プランと比較すると)出力できるファイルやレポートの閲覧に制限がありますが、不動産投資の確定申告や帳簿付けに困ることは全くありません

ブログキャラぴろり
ぴろり

後からでも上位プランに変更できるから、名前のとおりスタータープランから始めてみたらどうかな?

スタンダードプラン(月額料金2380円)

スタンダードプランでできること

 

スタンダードプランは標準的機能が備え付けられた月額料金2380円のプランです。

会計freee(公式)でも神推しされており、こういうメリットがあります。

  • 月次推移や資金繰りのレポートが利用できる。
  • サポートの優先順位が高い。

 

ブログキャラぴろり
ぴろり

スタンダードプランなら、経営分析が好きな不動産投資家を満足させられるんじゃないかな?

プレミアムプラン(年額料金39800円)

プレミアムプランでできること

 

プレミアムプランは年額料金39800円の最上位プランです。

簿記超初心者だから、不安で夜も眠れない。
もしくは、他会計ソフトからの乗り換えしてきた方におすすめのプランです。

 

ブログキャラぴろり
ぴろり

プレミアムプランは、不動産投資が順調に進んで法人化を検討している不動産投資家を満足させられるんじゃないかな?

会計フリーを不動産投資に使うなら、スタータープランで十分

結論を語るサラリーマン
会計フリーを不動産投資(不動産所得の確定申告)に使うなら、スタータープランでノープロブレムです。

なぜなら、スタンダードプラン以上の機能は、不動産投資には過剰すぎる機能だからです。

会計freee「スタータープラン」と「スタンダードプラン・プレミアムプラン」の機能比較(新料金プラン対応)

スタンダードプランの過剰機能を解説します。(上図の矢印)

領収書のデータをスマホで取得できます。でも、そんなに数はいりません

クラウド会計ソフトfreeeには、領収書をスマホなどで撮影して帳簿へ転記する機能があります。

領収書をスマホなどで撮影

参考:会計freee(公式)「レシート類の取り込み機能について

 

スタンダードプランはこの機能を無制限で使うことができますが、スタータープランでも月5件は利用可能です。

スマホでの不動産投資用の領収書処理は、月5件分もあれば十分ではないでしょうか?

それ以上の領収書は、手動入力もできますからね。

スマホでパシャッとしても、領収書は捨ててはいけません。
領収書の原本は7年間保存義務があります。

消費税申告機能は不要です

不動産投資家は免税事業者(消費税を納める必要がない事業者)です。
居住用不動産の貸付は、消費税のかからない非課税取引だからです。

したがって、この機能は不要です。

ブログキャラぴろり
ぴろり

昔、消費税還付という節税スキームは、令和2年度(2020年度)の税制改正で封じ込められたよ。

月次推移/資金繰りレポートは不要です

会計フリーでは、貸借対照表と損益計算表の金額を月ごとにに並べて表示する月次推移と、入出金を集計する資金繰りレポートがあります。

参考:会計freee(公式)「月次推移(損益計算書・貸借対照表)を確認する

参考:会計freee(公式)「資金繰りレポートでキャッシュフローを確認する

 

しかし、不動産投資は入出金が安定しているため、他の事業とは比較にならないくらいリスクは小さいです。

ブログキャラぴろり
ぴろり

コロナウイルスで株式市場が暴落してもボクは無傷だよ。

 

だから、よっぽど無茶な融資を組まない限り資金ショートすることはありません。

よって、この機能は不動産投資には過剰機能です。

売掛/買掛レポートも不要です

会計フリーでは、売掛金と買掛金の状況をグラフレポート形式(csvファイル/PDFファイル)で確認できる機能があります。

参考:会計freee(公式)「会計freeeで確認できるレポート

 

しかしながら、不動産投資家のほとんどは個人事業主(個人投資家)です。

個人投資家は信用がないため、売掛や買掛を使う機会がありません。

ブログキャラぴろり
ぴろり

ボクの支払期限は長くて1週間とかだよ。
マジ金ねぇ~

 

最後に、最安料金月1180円のスタータープランでできることを確認しておきましょう。

会計フリー「最安料金スタータープラン」でできること

 

会計フリーの機能をまとめるとこうです。

会計freee「スタータープラン」でできること

 

「スタータープラン」でも、結構いい感じに〇がついていませんか?

帳簿入力の保存とデータの修正ができる

日々の取引内容はその都度クラウド(ネット上)へ自動保存されます。

ですので、ネット環境さえ整っていれば、どのPC(スマホ)からでもクラウド会計ソフトfreeeにアクセスして修正が可能です。

会計フリーの目玉機能「自動で経理」も利用可能です。

自動で経理とは

会計フリーに銀行口座やクレジットカードを登録しておけば、同期され利用履歴を取り込めます。
そうすることで、帳簿付けを半自動化できます。

帳簿類の作成ができる

簿記の知識が乏しい初心者でも、不動産所得の確定申告書作成に必要な帳簿類をかんたんに作成できます。

  • 固定資産台帳
    減価償却費を計算するときに利用される帳簿)
  • 仕訳帳
    (最も基本的な帳簿)
  • 総勘定元帳
    (勘定科目ごとに記入された帳簿)

 

もちろん、65万円の青色申告特別控除の絶対条件である複式簿記による帳簿の作成も可能です。

【65万円の青色申告特別控除】

  • 不動産投資が事業的規模(10室もしくは5棟以上)。
  • 複式簿記(正規の簿記)で損益計算書と貸借対照表を作成する。

確定申告書の作成・出力ができる

会計フリーを不動産投資で使う最大の目的は、不動産所得の確定申告書の作成と出力です。

帳簿入力と初期設定さえ済ませておけば、いくつかの質問に答えるだけで損益計算書(P/L)と貸借対照表(B/S)を備えた確定申告書が作成できます

損益計算書

不動産投資の損益計算書

貸借対照表

不動産投資の貸借対照表

損益レポートの作成ができる

会計フリーには任意の期間内の損益をグラフで表示する機能があります。

会計freee「損益レポート」

出典:会計freee(公式)

 

ただ、不動産投資は毎月の収支変動がないため、直線的で面白くないかもしれませんね。

ブログキャラぴろり
ぴろり

不動産投資はそれだけ安定した事業であるということだね。

チャット・メールサポートを利用できる

会計フリーではチャットやメールでのサポート体制が整えられています。

会計フリーの使い方や確定申告でわからないことがあれば、こちらのサービスを使えば解決するでしょう。

  • チャットサポート
    チャットで質問すれば、回答が返ってきます。
    (ただし、営業時間内に限る)
  • メールサポート
    メールで質問すれば、回答が3営業日で返信されます。

会計フリーの料金プランのまとめ

ブログキャラ

クラウド会計ソフトfreeeの料金プランはどれにしようかな?という悩みは解決したかな?

不動産投資に会計フリーを使う場合、980円のスタータープランの一択だよね。

スタータープランで物足りないようであるなら、グレードアップすればいいだけの話だからね。

タイトルとURLをコピーしました