区分マンションの確定申告「損益計算書の減価償却費」の書き方

スポンサーリンク

区分マンションを買ったら不動産所得の決算書を作らなくてはならない。

不動産所得の決算書の作成は慣れれば簡単であるが、初めて作る場合は難所と感じるところが何カ所かある。

そのひとつが「損益計算書の減価償却費」だ。

決算書の減価償却費

本記事は国税庁が提供している「確定申告書作成コーナー(平成30年Ver.)」を利用する。

確定申告書を作成していくと、上記の「損益計算書の減価償却費」の作成画面に移行する。

本記事はコレを完成させることを目標とする。

スポンサーリンク

区分マンションの減価償却費とは

区分マンションの建物本体と付帯設備は時間とともに価値が減少する。減少した価値分だけ、毎年経費として計上できる。

この毎年経費化する費用を減価償却費という。

くわしくはコチラの記事で解説している。

マンション投資の減価償却費がチンプンカンプン?初心者はこう考えよう!

さあ、減価償却費がわかったところで、決算書の減価償却費を書いていこう。

1.減価償却資産の種類等

区分マンションは建物に該当する。

「建物・車両・機械・備品等(定額法)」を選ぼう。

2.減価償却資産の細目

「建物およびその附属設備」を選ぼう。

3.減価償却資産の名称

「マンション名」を書くとわかりやすい。
(見てわかるように自由に書けばよい)

4.面積又は数量

区分マンションの専有面積を書こう。

5.取得年月

区分マンションの購入日を書こう。
(契約日ではなく引き渡し日)

不動産投資スタート!サラリーマンも確定申告前にするべき2つの届出

6.取得価額

取得価格は不動産投資の初心者が見落としやすい項目である。

なぜなら、取得価格=マンションの購入価格」ではないからだ。

ここでいう取得価格とは、区分マンションを購入するのにかかった購入諸費用(仲介手数料と固定資産税・都市計画税の清算金)を盛り込んだ建物分の価格である。

初心者必見!1000万円のワンルームの購入諸費用はズバリX万円

例えば、[仲介手数料=38.88万円、固定資産税などの清算金=1.12万円]する1000万円の区分マンション全体の取得価格は1040万円である。

土地:建物の比率が60:40であれば、区分マンションの建物の取得価格を計算するとこうなる。

建物の取得価格
=[マンション全体の取得価格]×0.4
=1040万円×0.4
=416万円

区分マンションの土地・建物比率の計算方法はコチラの記事で解説している。

中古区分マンションは土地・建物に按分しよう!計算方法はこう

7.前年末未償却残高

前年末の減価償却残高を書く。初めての確定申告は空白でよい。

8.耐用年数

区分マンションの法定耐用年数(以下、耐用年数)を書く。

耐用年数とは(会計上で)建物・備品の価値がゼロになる年数のことである。

例えば、鉄筋コンクリートの新築区分マンションの耐用年数は47年だ。
(築47年で価値がゼロになる)

耐用年数表

出典:確定申告作成コーナー「よくある質問」

中古区分マンションの耐用年数は、次の公式を利用して計算する。

中古区分マンションの耐用年数
=47年-築年数+(築年数×0.2)
※計算した結果の小数点以下は切り捨てる

10.本年中の償却期間

年の途中で購入した区分マンションは、その年に使用する月分のみ減価償却する。

5月に購入なら、本年中の償却期間は「8カ月」である。

サラリーマンの区分マンション投資!確定申告「損益計算書」の書き方

11.事業専用(貸付)割合

区分マンション投資では部屋の全てを貸し出す。
「100.00」でよい

複数室所有しているとき

区分マンションを複数所有している投資家は、同じ要領で複数分書いていこう。

→「もう一件入力する」

すべての減価償却費が終了したら、「入力終了「次へ」」をクリックしよう。

すると、このような感じで減価償却費は計算されているはずだ。

決算書の減価償却費の書き方

「減価償却費122,027」がどのように計算されたかはコチラの記事で解説している。

初心者も楽勝!中古ワンルームマンションの減価償却費の計算方法

まとめ

  • 区分マンションは時間とともに価値が減少する
    減少した価値分だけ、毎年経費として計上できる費用を減価償却費という
  • 損益計算書とは利益と損失がどのような理由で起こったのかをまとめた計算書のこと
  • 損益計算書の減価償却費は12の項目に分かれている
    つまづきやすいこうもくはこの2つ
    『6.取得価格』『8.耐用年数