会計フリーを不動産投資用にカスタマイズ 初期設定はこれだけ!

会計freeeの初期設定確定申告
この記事は約6分で読めます。

 

女性投資家
女性投資家

会計フリー(クラウド会計ソフトfreee)は、初心者にやさしくて使いやすいと聞いててんけど、よう分からんねん?

ぴろり
ぴろり

どんなところが分からないのかな?

女性投資家
女性投資家

不動産投資の勘定科目が見当たらへんねん!
例えば家賃収入とか。

ぴろり
ぴろり

確かにそうだね。
会計フリーのデフォルトは事業用だから、不動産投資に使う場合は設定を変更する必要があるんだ。

 

女性投資家
女性投資家

何やぁ。それ先に言ってぇやぁ~

ぴろり
ぴろり

じゃあ、始めるよ。

会計フリーで不動産所得を記帳できるように設定変更する方法

サラリーマン投資家が不動産を貸し付けることで得られる対価は、1万円であろうと100万円であろうと「事業所得」ではない。「不動産所得」である。

キャッシュフローと不動産所得の違い!できるサラリーマン大家は知ってるぞ

 

だが、クラウド会計ソフトfreeeの勘定科目のデフォルトは事業所得である。

会計freee:不動産投資用カスタマイズ前の勘定科目

 

だから、不動産所得が記録できるように設定変更しなければならない。

 

[設定]→[事業所の設定]を選ぶ。

会計freee「不動産所得の設定方法1」

 

[詳細設定]タブを選ぶ。

会計freee「不動産所得の設定方法2」

 

[不動産所得使用区分]欄の[使用する]にチェックを入れ、[保存]ボタンをクリックする。

会計freee「不動産所得の設定方法3」

 

その結果、不動産所得用の勘定科目が追加された。

会計freee「不動産所得の設定完了」

参考:クラウド会計ソフトfreee(公式)「【個人】不動産所得を記帳する

会計フリーに不動産投資に使う銀行口座を登録する方法

不動産投資専用口座(不動産投資専用クレジットカード)を会計フリーに登録しよう。

 

 

ぴろり
ぴろり

不動産投資とプライベートで使う銀行口座は分けておいたほうがいいよ。絶対。
もし、不動産投資用にクレジットカードを作れるなら、なおさら良いよ。
そうすれば、クラウド会計ソフトfreeeの「自動で経理」という機能をフルに活用できるから。

 

参考:会計フリー「銀行などの明細から帳簿付けを行う(自動で経理)

 

[口座]→[口座を登録]を選ぶ。

会計freee「銀行口座の登録方法1」

 

不動産投資に使う銀行口座を選ぶ。

会計freee「銀行口座の登録方法2(口座選択)」

 

[登録する]をクリックする。

会計freee「銀行口座の登録方法3(口座登録)」

 

銀行口座の登録完了!

会計freee「銀行口座の登録完了」

参考:クラウド会計ソフトfreee(公式)「銀行やクレジットカードを登録する(口座を登録)

会計フリーに取引先を簡単登録する方法

取引先は取引ごとに登録できるが、まとめて登録しておくと後が楽だ

  • 不動産管理会社
  • (投資用マンションの)管理組合
  • 不動産仲介会社
  • 司法書士事務所

 

試しに、管理会社を登録してみよう。

[取引]→[取引の一覧・登録]を選ぶ。

会計freee「取引先の登録方法1」

 

[取引先]→[+新規登録]をクリックする。

会計freee「取引先の登録方法2」

 

取引先の名前を入力して[登録する]をクリックする。

会計freee「取引先の登録方法3(管理会社の名前を入力)」

参考:クラウド会計ソフトfreee(公式)(詳細登録方法)「取引先を登録する

会計フリーの税区分を変更する方法

「勘定科目の税区分の変更」も取引毎にできるが、まとめて変更しておくと後が楽だ

  • [非課取引]家賃・敷金・礼金・更新料
  • [対象外]管理費・修繕積立金・建物

 

ぴろり
ぴろり

ただし、事務所を貸し出したときに得られる家賃や、返還しない礼金・保証金などは課税取引だからね。
「業者が売主」の建物も課税取引だよ。

 

参考:国税庁「地代、家賃や権利金、敷金など

 

試しに、賃貸料の税区分を変更(課税売上→非課売上)してみよう。

 

[設定]→[税区分の設定]を選ぶ。

会計freee「勘定科目の税区分の変更1」

 

[不動産所得用]タブ→[賃貸料]をクリックする。

会計freee「勘定科目の税区分の変更2」

 

[税区分]→[非課売上をクリックする。

会計freee「勘定科目の税区分の変更3」

 

[保存(カーソルを下にスライドすると表れる)]する。

会計freee「勘定科目の税区分の変更4」

参考:クラウド会計ソフトfreee(公式)「税区分の種類と選び方について

会計フリーのテクニック「帳簿入力のコピー方法」

ぴろり
ぴろり

これは初期設定ではないけど、よく使う機能だから解説しておくよ。

 

不動産投資は毎月同じ内容を帳簿付けすることが多い。

例えば、家賃・管理料・修繕積立金・ローン返済がそうだ。

ぴろり
ぴろり

ローン返済は元金返済と利息返済の金額が毎月違うから気を付けてね。

 

会計フリーの「取引テンプレート」という機能を使って、賃貸料の帳簿付けをコピーしてみよう。

帳簿付けパターンの登録方法

会計フリーで何らかの帳簿付けをすれば、取引結果がホーム画面右下に表示されているはずだ。

会計freeeの取引結果

 

その中から、[賃貸料の取引結果]をクリックする。

会計freee「帳簿付けパターンの登録方法1」

 

[取引テンプレートとして登録]をクリックする。

会計freee「帳簿付けパターンの登録方法2(取引テンプレートとして登録)」

 

[テンプレート名]を決めて[保存]をクリックする。

会計freee「帳簿付けパターンの登録方法3(テンプレート名の決定)」

これで、賃貸料を帳簿付けするパターンが登録できた。

参考:クラウド会計ソフトfreee(公式)「取引のひな型を作成する(取引テンプレート)

帳簿付けパターンのコピー方法

[取引]→[取引の一覧・登録]を選ぶ。

会計freee「賃貸料のパターン入力方法1」

 

[取引テンプレート]から[家賃収入(登録した取引テンプレート)]を選ぶ。

会計freee「賃貸料のパターン入力方法2(取引テンプレートの選択)」

 

家賃入金日を入力して[登録]をクリックする。

会計freee「賃貸料のパターン入力方法3(家賃入金日を入力)」

 

こんな感じに、過去・未来、自由自在にコピーできる。

会計freee「賃貸料のパターン入力結果」

会計フリーの初期設定のまとめ

ブログキャラ

本記事は「せめてこれだけは!」というモノに限定したよ。

細かい設定は会計フリー公式「会計フリーの初期設定の流れ」を見てほしい。

 

一番最初の設定「会計フリーで不動産所得を記帳できるようにする」をしないと、会計フリーが不動産投資に機能しないよ。

入力さえしておけば、クラウド会計ソフトfreeeが複式簿記 + 損益計算書 + 貸借対照表をサポートしてくれる。

 

この4つの条件がそろえば、青色申告特別控除65万円が狙えるよ!

  • 事業的規模(5棟10室)
  • 複式簿記で記帳
  • 損益計算書を確定申告書に添付
  • 貸借対照表(バランスシート)を確定申告書に添付

 

不動産投資の規模が小さいうちは会計ソフトは不要かもしれない。

でも、簿記初心者が青色申告特別控除65万円を目指すなら、何らかの会計ソフトが必須だね。

タイトルとURLをコピーしました