会計フリーと不動産投資は相性抜群!家賃の帳簿付けも半自動化で楽チン

家賃収入の処理(会計freee版)確定申告
この記事は約6分で読めます。
女性投資家
女性投資家

毎月入ってくる家賃って同じやん?
これを毎月帳簿付けするん、辛気くさいわぁ。

ぴろり
ぴろり

確かに、それは言えてるね。
今回の記事は、面倒臭がりなあなた向けだよ。

女性投資家
女性投資家

ホンマに?
じゃあ、教えて教えて

本記事を見ているあなたは、きっとこんな不動産投資家だ。

  • 物件を買えたのはいいが、どう帳簿付け(記帳)したらいいかで困っている
  • 毎月の帳簿付けに飽き飽きしている
  • 確定申告の締め切り日(3月15日)が近い。
    でも、何もしてないので途方に暮れている

 

そんなあなたにおすすめしたいのがクラウド会計ソフトfreeeである!

なぜなら、簿記の知識がなくても、会計フリー(クラウド会計ソフトfreee)なら毎月の家賃の帳簿付けがこんなに簡単に済むからだ。

[本日の帳簿付け]

  1. 100000円の家賃収入を得た。
  2. 管理会社へ管理委託手数料5000円を支払った。
  3. (その結果)銀行口座へ95000円入金された。

会計フリーを不動産投資用にカスタマイズする

会計フリーのデフォルトは事業所得である。不動産所得が記録できるように、設定を変更しよう

 

[設定]→[事業所の設定]を選ぶ。

会計freee「不動産所得の設定方法1」

 

[詳細設定]タブを選ぶ。

会計freee「不動産所得の設定方法2」

 

[不動産所得使用区分]欄の[使用する]にチェックを入れ、[保存]ボタンをクリックする。

会計freee「不動産所得の設定方法3」

参考:クラウド会計ソフトfreee(公式)「【個人】不動産所得を記帳する

 

ぴろり
ぴろり

会計フリーの初期設定はコチラの記事にまとめたよ。

会計フリーを不動産投資用にカスタマイズ 初期設定はこれだけ!

銀行口座の登録方法

サラリーマン大家なら、管理会社に管理を任せているだろう。

管理会社から家賃が振り込まれる銀行口座を会計フリーに登録しよう。

 

[口座]→[口座を登録]を選ぶ。

会計freee「銀行口座の登録方法1」

 

家賃が入金される口座を選ぶ。

会計freee「銀行口座の登録方法2(口座選択)」

 

[登録する]をクリックする。

会計freee「銀行口座の登録方法3(口座登録)」

 

銀行口座の登録完了!

会計freee「銀行口座の登録完了」

参考:クラウド会計ソフトfreee(公式)「銀行やクレジットカードを登録する(口座を登録)

賃貸料と外注管理費は分けて帳簿付けする

管理会社へ外注管理費(管理委託手数料)(賃貸料の5%程度)を支払えば、マンション経営は半自動化できる。

これが不動産投資のいいところだ。

だから、管理会社から銀行口座に入金される金額は、外注管理費を差し引いた金額である場合がほとんどだろう。

入金:95000円
(賃貸料100000円 - 外注管理費5000円)

 

だが、ここで疑問が生まれる。

この2つのどちらが正しいかだ。

  1. 入金される95000円をダイレクトに帳簿付けする。
  2. 一旦、賃貸料(100000円)を収入として帳簿付けし、外注管理費(5000円)を差し引く。

 

正解は、もちろんである。

ぴろり
ぴろり

会計フリーを不動産投資で使う準備が整ったね。
実際に、帳簿付けしてみよう!

会計フリー「家賃収入の帳簿付けの方法(賃貸料)」

クラウド会計ソフトfreeeで家賃収入を帳簿付けする前に、管理会社を登録しよう。

取引先(管理会社)の登録方法

[取引]→[取引の一覧・登録]を選ぶ。

会計freee「取引先の登録方法1」

 

[取引先]→[+新規登録]をクリックする。

会計freee「取引先の登録方法2」

 

取引先(管理会社)の名前を入力して、[登録する]をクリックする。

会計freee「取引先の登録方法3(管理会社の名前を入力)」

参考:クラウド会計ソフトfreee(公式)「取引先を登録する

賃貸料を帳簿付けする方法

下の図を参考にして賃貸料を入力し、[詳細登録]をクリックする。

会計freee「賃貸料を帳簿付けする方法1(賃貸料を入力)」

 

[税区分]を[非課売上]に変更し、[登録]をクリックする。

会計freee「賃貸料を帳簿付けする方法2([税区分]を[非課売上]に変更)」

ぴろり
ぴろり

税区分を変更する理由は、家賃収入は消費税がかからない非課税収入だからだよ。

 

参考:クラウド会計ソフトfreee(公式)「税区分の種類と選び方について

 

これで、賃貸料の帳簿付けは完成した。

次は、この作業パターンを登録しよう。

ぴろり
ぴろり

次の作業をしておくと、賃貸料の帳簿付けがコピーできるようになるよ。

帳簿付けパターンの登録方法

下に表れた、取引結果をクリックする。

会計freee「帳簿付けパターンの登録方法1」

 

[取引テンプレートとして登録]をクリックする。

会計freee「帳簿付けパターンの登録方法2(取引テンプレートとして登録)」

 

[テンプレート名]を決めて[保存]をクリックする。

会計freee「帳簿付けパターンの登録方法3(テンプレート名の決定)」

これで、賃貸料を帳簿付けするパターンが登録できた。

参考:クラウド会計ソフトfreee(公式)「取引のひな型を作成する(取引テンプレート)

 

ぴろり
ぴろり

取引テンプレートを使って「賃貸料の帳簿付け」をコピーしてみよう!

「家賃の帳簿付けの方法(賃貸料)」パターン入力

[取引]→[取引の一覧・登録]を選ぶ。

会計freee「賃貸料のパターン入力方法1」

 

[取引テンプレート]から[家賃収入(先ほど登録した取引テンプレート)]を選ぶ。

会計freee「賃貸料のパターン入力方法2(取引テンプレートの選択)」

 

家賃入金日を入力して[登録]をクリックする。

会計freee「賃貸料のパターン入力方法3(家賃入金日を入力)」

 

過去・未来、どちらも自由自在にコピーできる。

会計freee「賃貸料のパターン入力方法4」

会計フリー「家賃収入の帳簿付けの方法(外注管理費)」

外注管理費の帳簿付け

[取引]→[取引の一覧・登録]を選ぶ。

会計freee「外注管理費の帳簿付けの方法1」

 

下の図を参考にして外注管理費を入力し、[詳細登録]をクリックする。

会計freee「外注管理費の帳簿付けの方法2」

 

[税区分]を[課対仕入10%]に変更し、[登録]をクリックする。

会計freee「外注管理費の帳簿付けの方法3(税区分を課対仕入10%に変更)」

 

ぴろり
ぴろり

10%の消費税を管理会社に支払っているよね。
だから、課税対象10%を選ぶよ。

参考:クラウド会計ソフトfreee(公式)「税区分の種類と選び方について

 

帳簿付けパターンの登録方法」を参考にして、取引テンプレートに登録して、じゃんじゃんコピーしよう。

会計フリー「家賃収入の帳簿付け」のまとめ

ブログキャラ

なかなかステキだろ?

こんな感じにじゃんじゃん入力していけば、クラウド会計ソフトfreeeが複式簿記で勝手に帳簿付けしてくれるよ。

この4つの条件がそろえば、青色申告特別控除65万円が狙えるよ!

  • 事業的規模(5棟10室)
  • 複式簿記で記帳
  • 損益計算書を確定申告書に添付
  • 貸借対照表(バランスシート)を確定申告書に添付

 

不動産投資の規模が小さいうちは会計ソフトは不要かもしれない。

でも、簿記初心者が青色申告特別控除65万円を目指すなら、何らかの会計ソフトが必須だね。

タイトルとURLをコピーしました