会計フリーと不動産投資 | お試しプラン中(無料期間中)に試そう!これだけは

会計freeeのお試しプランはこう使おう確定申告
この記事は約6分で読めます。

クラウド会計ソフトフリー(freee)は、メールアドレスを登録するだけですぐに使えます。初期設定ラクラクな会計ソフトです。

しかし、クラウド会計ソフトは、他にマネーフォワードクラウド確定申告弥生のクラウド確定申告ソフトなどもあり、正直迷うことでしょう?

ですから、30日間の無料お試し期間で使い倒し、自分との相性を確かめておきましょう!

 

ぴろり
ぴろり

会計freee(公式)では、この30日間をお試しプランと呼ぶよ。

 

本記事は、お試しプラン中にこれだけは試してほしいこと、考えてほしいことにしぼって紹介します。

会計フリーをとにかく使ってみる

初めての帳簿付けと確定申告で、頭の中がいっぱいいっぱいになっていませんか?

 

女性投資家
女性投資家

どこから取り掛かればええの?

コンサルタント
男性投資家

勘定科目って何だ?

会計フリーの勘定科目の使い方 | 不動産投資家はこれだけで十分だ!

 

ですが、お試しプラン中に投資家が取り組むべきことは、クラウド会計ソフトfreeeに触れて体験することだけです。

この際、理論と不安は横においておきましょう!

 

ぴろり
ぴろり

会計フリーのデフォルトは事業所得なので、不動産所得が記帳できるように設定変更してから初めてね。

会計フリーの不動産投資用カスタマイズ | 初期設定はこれだけ!

 

まず、ひと月の帳簿付けのルーチンワークを試してみましょう。

ぴろり
ぴろり

リンク先は解説記事だよ!

 

この操作をするだけでも、会計freeeというクラウド会計ソフトとの相性が確認できるはずです。

会計フリーとの相性を確認する

会計フリーを使ってみた印象はいかがでしたか?

 

コンサルタント
男性投資家

うん。何とか使えそう!

女性投資家
女性投資家

サクサク動くし、便利やん!

医師投資家
不安な投資家

なんか違和感があるわ!

 

会計フリーの評判は概ね上々ですが、一部のユーザーからは使いづらいという意見もあります

ぴろり
ぴろり

Twitterで「freee _使いづらい」で検索をかけると結構でてくるよ。

 

クラウド会計ソフトfreeeの使いやすさの評価を分けているのは、簿記を学んだ経験があるかどうかのようです。

会計フリーは簿記知識が全くない初心者でもカンタンに使えることを目標に設計されています

反対に、これが簿記経験者を難儀させ、ある意味複雑なのです。

 

会計フリーを使ってみたけどチョット…。

と思う投資家は、マネーフォワードクラウド確定申告弥生のクラウド確定申告ソフトも試してみてはいかがでしょうか?

どちらも無料から始められます。

相性を確かめたうえで、納得してから有料プランに移行しても遅くありません。

会計フリーのお試しプランでは使えない機能もある

会計フリー「お試しプラン」の期間は30日間です。

30日間のお試し後、解約しなければ強制的に有料プランになるのか?といえば、そうではありません。

無料プランとして、無料で使い続けられるのです。

 

こう考える投資家もいるでしょう?

女性投資家
女性投資家

ずっと無料やん!このまま不動産所得の確定申告書も無料で作ろう。

 

ですが、その夢は叶いません。

会計フリーの無料プラン(お試しプラン)は機能が制限されているからです。

 

 

詳細はコチラでチェックしよう!

会計フリーの無料プランでできること | 不動産投資の確定申告は?

 

また、30日以上無料プランを使い続けると、このような画面が表示されます。

freee登録日から1カ月を過ぎたため XX/XX 〜 XX/XXまでの取引を表示しています。 全ての取引を表示するには有料プランへご登録ください。

会計freeeの「無料プランでは機能が制限されています」

 

会計フリーのお試しプランは、使用方法や相性を確かめるためのお試し期間なのです。

会計フリーの有料プラン選択に迷っている?

クラウド会計ソフトfreeeさえあれば、簿記初心者でもカンタンに不動産投資の確定申告ができることは分かった。

次に迷うのが有料プランの選択ですね。

  • スタータープラン(月額料金980円)
  • スタンダードプラン(月額料金1980円)
  • プレミアムプラン(年額料金39800円)

会計フリーの料金とプラン

出典:会計freee(公式)

悲報!
会計freeeの料金は2020年5月に値上げされる予定です。
詳細は「悲報!会計フリーの料金は値上げへ」にて。

 

結論から言うと、会計フリーを不動産投資(不動産所得)の確定申告に使うなら、スタータープラン(月額料金980円)で充分です。

なぜなら、スタンダードプラン以上は不動産投資の確定申告には機能過剰だからです。

  • 消費税申告機能
  • 資金繰りレポート
  • 売掛/買掛レポート

 

この機能を使いたい投資家は少数でしょう?

もし、スタータープランで物足りない場合は、上位プランへグレードアップも可能です

だから、ますますスタータープランで十分と言えますね

会計フリーの料金 | 不動産投資に使うならスタータープランで十分だぞ

会計フリーのお試しプランのまとめ

ブログキャラ

会計フリーのお試しプラン中に試すべきことはわかったよね。これだけは、試しておこう。

 

クラウド会計ソフトfreeeを使い倒して、自分との相性を確認する。

 

会計フリーの使い方の記事は10本くらい書いているので、それを参考にしてほしい。

タイトルとURLをコピーしました