初心者でもわかる!ワンルームマンション投資が生命保険代わりになる理由

リスク
この記事は約4分で読めます。

生命保険ゼロホルダーの@ぴろりだ。

職場にこんな電話がかかってきた記憶はないだろうか。

コンサルタント
営業マン

ワンルームマンションを購入すれば、生命保険代わりになりますよ

 

確かにそのとおりだ。

サラリーマンがワンルームマンションを買うとき、融資を使うことが多い。

その融資には、団体信用保険(団信)がセットされており、それが生命保険代わりとなるからである

初心者向けにワンルーム投資の生命保険の仕組みを解説しよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

団信とは

団信とは「ローンを借りた人が死亡もしくは高度障害状態になったとき、団信が代わりに銀行へローンの残りを支払ってくれる」という生命保険である。

言いかえれば、団信は「不幸があればローンがチャラになる」という生命保険だ

団信は生命保険である。
だから、健康状態が悪いと団信に入れない

そのときは、ワンルームマンション投資を融資を使って始めるのが難しくなる。

なぜなら、ワンルームマンション投資向けのローンは、団信加入が融資条件となっている銀行が多いからだ。

 

ぴろり
ぴろり

団信なしでOKの銀行をピックアップしておくね

ワンルームマンション投資が生命保険代わりになる仕組み

あなたはこの条件のオーナーチェンジの中古ワンルームマンションに投資していたとしよう。

オーナーチェンジとは入居者がついたままで、マンションの売買を済ませる取引形態のことである。

  • 家賃:6万円
  • ランニングコスト:1.5万円
  • ローン返済:3.5万円

 

ぴろり
ぴろり

もし、私たち投資家に不幸があったときはこうなるよ

投資家に不幸があったとき(団信発動)

ローンの残りはなくなり、家賃からランニングコストを引いた毎月のキャッシュフロー4.5万円が生命保険の保険金のように遺族に支払われる

生命保険代わりに必要なワンルームマンションの室数

ワンルームマンション1室では、生命保険というには心もとない

だが、ワンルームマンションを複数室保有すれば、立派な生命保険代わりとなる

室数毎月の生命保険金
1室4.5万円
2室9万円
3室13.5万円
4室18万円
5室22.5万円
10室45万円

 

投資家が亡くなったとき、頼りになるのは団信保険だけではない。遺族年金も心強い味方となる

だから、遺族が妻・子2人の3人であれば、3~5室くらいワンルームマンションを持っていれば、何とかやっていけるはずだ。

生命保険代わりとなるワンルームマンションの条件

これがポイント

全てのワンルームマンションが生命保険代わりとして活用できるわけではない。

これらの条件を満たすワンルームマンションだけが生命保険代わりとなる。

  • 安定した入居率を維持している
  • 管理状態が良好である
  • 入居者が善良である
  • キャッシュフローがプラスである

安定した入居率

ワンルームマンション投資は入居者がいないと家賃が入ってこない。

だが、ランニングコストはもれなくかかる。

入居率が安定していないと、キャッシュフローを年金のように受け取れないのだ。

東京ワンルームマンション投資のランニングコスト 3つの割安感

良好な管理

管理状態がよくないとマンションはスラム化し、それが入居率に影響を与える。

「マンションは管理を買え!」とよく聞くが、自分が住まないワンルームでもその通りである。

初心者必見!ワンルームマンションの入居率98%99%は まず疑え!

善良な入居者

家賃をしっかり毎月払ってくれる入居者の存在がないと、ワンルームマンション投資が生命保険代わりとして機能しない。

滞納は空室よりタチが悪いのだ

キャッシュフローがプラス

ワンルームマンション投資は、キャッシュフローがプラスでなければ生命保険代わりとして機能しない。

なぜなら、ローンが払い終える前に手持ちの資金が枯渇して売却するはめになるからだ。

だから、ローン支払い中のキャッシュフローにも注意したい。

ワンルームマンション投資失敗事例「生命保険代わりにはならない」

まとめ

ブログキャラ

ワンルームマンション投資の生命保険代わりスキームは、団信を利用したものだよ。

団信とは、投資家に不幸があった場合にローンの残債がゼロになる生命保険。

ただし、生命保険代わりになるワンルームマンションはいくつかの条件があるよ。

タイトルとURLをコピーしました