成功か、それとも失敗か?ワンルーム投資はとにかく出口に強くなれ!

ワンルーム投資は売却するまでが勝負利回り
この記事は約5分で読めます。

初心者のワンルームマンション投資は、こういう残念なパターンが多いです。

成功した!と思っていたのに、実は失敗だった。

 

この典型的な例が「毎年多くのキャッシュフローが蓄積していたにもかかわらず、売却価格が購入価格を大きく下回り、儲けをすべて吐き出した」です。

いわゆる「出口で失敗した」というヤツです。

少しドキッとしましたか?

 

反対に、こういうパターンもあります。

失敗した!と思っていたけど、実は成功だった。

 

この典型的な例が「キャッシュフローは全然出なかった(むしろマイナスだったりする)けれど、売却価格が購入価格と変わらず、結果的に儲かった」です。

こちらは、出口で成功ですね!

つまり、ワンルームマンション投資は出口を誤ると、勝敗が逆転してしまうということです。

本記事は「ワンルームマンション投資の成功・失敗のルール(判定方法)」を購入、運営、売却のワンセットで解説します。

ワンルームマンション投資の出口の大切さを痛感してください。

近年のワンルーム投資は出口で自己資金を回収するゲームである

ワンルーム投資の本質は、

(入口)自己資金を投下し、
(運用)数年に渡って運営し、
(出口)売却して、

最終的に、自己資金以上の金額が回収できたか?

それを競うゲームです。

自己資金とは、その不動産を買うのに必要としたすべてのお金です。
不動産の購入を入口売却を出口とも言います。『ワンルーム投資の出口戦略 | だから、ボクは売らないと決めたんだ!

 

2013年以前のワンルーム投資は、運営中に自己資金を十分回収できました。

だから、「利回り」や「キャッシュフロー」に注意していれば、成功者(勝者)になることができました。

ですが、低利回り・低キャッシュフローすぎる2019年現在は、運営中に自己資金を回収するのが困難になっています。

だから、近年のワンルーム投資は、出口がメチャメチャ大切なのです。

利回りは爆下げ!それでも東京都心マンションに投資すべき3つの理由

 

つまり、今と昔のワンルーム投資は成功のルール(法則)が違うのです。

ワンルーム投資のルール

ワンルーム投資の成功・失敗のルールを解説する前に、ワンルーム投資の一般的なルール(基本原則)を解説しましょう!

今、あなたは1000万円のワンルームマンションを現金で購入しようとしています。

このワンルームマンション投資をするためには、物件価格に購入諸費用をプラスした、現金約1070万円(自己資金)が必要です。(入口)

「1070万円以上の金額が、毎年のキャッシュフロー(運営)売却(出口)で回収できるか?」

このことに思いをはせるのです。

図でイメージすると、こんな感じです。

ワンルームマンション投資の入口・運営・出口をグラフ化

縦軸:金額
横軸:左から右に時間が流れている

 

いかがですか?

さあ、一緒に想像力を膨らませましょう?

えっ知らないの?ワンルーム投資の短期売買は儲からないことを

ワンルーム投資の出口 成功の法則

ワンルームマンション投資で成功したイメージが描けましたか?

ボクのイメージはこうです。

ワンルームマンション投資成功

 

自己資金 <キャッシュフローの合計 +売却益

 

これがなぜ成功なのでしょうか?

それは、キャッシュフロー(運営)と売却(出口)で得られた儲けの合計が、そのワンルームマンション投資に使った自己資金(1070万円)を超えているから。

つまり、投下した自己資金以上のリターンを得られたからです。

不動産投資の利回り最低ラインを告白!ワンルームならX%は欲しい

ワンルーム投資の出口 失敗の法則

失敗して落ち込む不動産投資か

反対に、キャッシュフロー(運営)と売却(出口)で得られた儲けの合計が、そのワンルームマンション投資に必要とした自己資金以下だったとき、本当は儲からない投資だったと判断できます。

 

自己資金 >キャッシュフローの合計 +売却益

 

毎年のキャッシュフロー(運営)はそこそこ出ていたが、売却(出口)で失敗した。

その例がこれです。

ワンルームマンション投資の出口の失敗例1

 

初心者は見ちゃダメよ!ワンルームマンション投資で失敗する方法

新築ワンルーム投資の出口 大失敗の法則

こちらの失敗例はひどいもんです。

ワンルームマンション投資の出口の失敗例2(新築ワンルーム投資)

 

これはどんな不動産投資だと思いますか?

そう、新築ワンルームマンション投資です。

新築ワンルーム投資は不動産投資の初心者に人気のようですが、買った瞬間失敗が確定する最悪の投資です。

購入初期は多少なりともキャッシュフローがでるかもしれません。

しかし、新築プレミアム(新築という理由で上乗せできていた家賃)が剥がれた時点で、マイナスキャッシュフローに真っ逆さまです。

そして、売却(出口)で大きな売却損(キャピタルロス)を食らってチーンです。

いつ、どこで儲けたらいいのですか?

それが新築ワンルームマンション投資です。

新築ワンルーム投資で失敗は必然!借金地獄の世界をのぞいて見る?

まとめ

ブログキャラ

近年のワンルーム投資は「利回り」と「キャッシュフロー」が全てではないことが分かったかな?

ワンルーム投資は出口で失敗すると、今まで成功だと思われていた投資が一発でアウトになるからね。

  • ワンルーム投資成功の方程式
    自己資金 <キャッシュフローの合計 +売却益
  • ワンルーム投資失敗の方程式
    自己資金 >キャッシュフロー の合計 +売却益
タイトルとURLをコピーしました