不動産業者は投資のプロではない!失敗しなくないならコレを忘れるな

スポンサーリンク

失敗した不動産投資家がこう言った。

「不動産業者って不動産のプロでしょ?そんなプロが勧めるんだから安心しちゃって…(信じて買ったら失敗しました)」

気持ちはわかる!
でも、それが不動産投資に失敗した決定因子だ。

不動産業者は不動産のプロではあるが、不動産投資のプロではない
さらに付け加えれば、不動産のプロとは「不動産を売買して儲ける人」のことである。

だから、「不動産のプロ」と「不動産投資のプロ」が必要とするスキルは全く違うのだ。

本記事は、その違いを紹介する。

スポンサーリンク

不動産業者(不動産のプロ)とは

不動産業者は不動産の知識はもちろんのこと、高い倫理観が必要である。
不動産取引は高額であるため、その不動産が投資家の人生を左右するからだ。

本来なら、不動産のプロがサラリーマン投資家を失敗に導くことなどあってはならないが、倫理観が低すぎる不動産業者が多いため、たくさんのサラリーマン投資家が地獄を見ている。

取引を成立させるためのスキル

不動産業者は完結型手数料商売であるため、取引が成立しなければ1円も利益を上げることができない。

だから、不動産業者は取引を成立させるためのスキル(話術?)を磨く。

不動産業者の営業マンは口がうまい。その話術には頭が下がる。

ただ、営業マンが話術重視で倫理観を持ちあわせていなかったなら、初心者のサラリーマン投資家は簡単に言いくるめられ、沈められるだろう。

ワンルーム投資家を志すサラリーマンよ!これが失敗を避ける最低限の知識だ

不動産で儲けるためのスキル

「その不動産をどう使えば、(自分たちが)儲けられるか」

不動産業者の頭の中はこのことでいっぱいである。

両手取引、転売(中間省略登記)、再販。
「さあ、どの形式でいこうか?」といった具合に。

不動産業者は物件を買わない!仲介・転売・再販に徹する3つの理由

売れと言われれば売るしかない
(不動産営業マンの事情)

不動産業者にとって、その不動産が良いか悪いかは関係ない。

そこに不動産があるから売るのだ。
もしくは、上司に「売って来い!」、売主に「これを売ってくれ」と言われるから売るのだ。

不動産投資のプロとは

一方、不動産投資のプロは不動産取引で儲けない。むしろ、儲けられない。

不動産投資のプロは、その不動産を1.購入し、2.運用して、3.最後に売却する。
その不動産が持つ価値から儲けるのだ。

この3つのどれかで失敗すると、十分な利益を上げられない。

ワンルーム投資の出口(売却)を誤るな!成功を失敗に一変させるぞ

投資分析のスキル

  • その不動産投資は本当に利益をもたらすのか?
  • リスクは高いか?低いか?

不動産投資のプロは、このことを常に考えて投資を判断しなくてはならない。
そのためには、不動産投資分析のスキルは必須習得事項だ。

ワンルームマンション投資 | 失敗したくない40代サラリーマン大家のブログ」でも、不動産投資分析とリスクの記事は多く取り扱っている。

一例を紹介する。

融資(ローン)のスキル

自己資金のみで不動産を買えるサラリーマン投資家は少ない。
だから、不動産購入資金のほとんどは融資(ローン)に頼ることになる。

融資は良い借金にもなるし、悪い借金にもなる。
それを使い分けるアビリティが必要だ。

良い借金?悪い借金?融資の品質は銀行利回り(K%)が教えてくれる

さらに言えば、「あなたはどれくらいの条件で、いくらの融資が可能なのか」
それを確認した上で、不動産投資を始めるべきである。

さもないと、買えない物件をひたすら探し続ける羽目になるに違いない。

サラリーマンがマンション投資家になるための8ステップ

自己資金集めのスキル

サラリーマン投資家がのし上がるためには、自己資金集めが必須である。

(昔は)自己資金ゼロでも融資してくれる銀行もあったが、(現在は)自己資金ゼロで融資を受けて買い続けられるのは資産家だけだからだ。

しかし、書店にいけば、このような際立つタイトルの不動産投資本もある。

  • 自己資金ゼロでも失敗しない不動産投資
  • 年収300万円でも失敗しない不動産投資
  • 専業主婦でも失敗しない不動産投資

この投資家(著者)たちは、いい時代に不動産投資を始めたのだ。
もしくは、著者の親類関係に資産家がいるのかもしれない。

あなたのワンルームマンション投資は大丈夫?9つの失敗例とその教訓

まとめ

不動産のプロに求められるスキル

  • 倫理
  • 売る
  • 儲ける

不動産投資のプロに求められるスキル

  • 投資分析
  • 融資
  • 自己資金集め