会計フリー「事業主貸の使い方」不動産投資の口座から預金を引き出した

事業主貸 会計freee版確定申告
この記事は約4分で読めます。

不動産投資が軌道に乗ってくると、不動産投資の銀行口座の預金が増え続ける。

女性投資家
女性投資家

うらやまスィ~!

 

不動産投資の銀行口座をプライベートに使わないのがベストであるが、使わざるを得ないこともあるだろう。

例えば、こういうときだ。

  • 子供の大学入学費用が足らない!
  • 自宅を買いたい!
  • 旅行に行きたい!
  • (毎日、不動産投資お疲れ様!)自分へのご褒美が買いたい!?

 

こんなときに便利な勘定科目が「事業主貸」である。

本日は、ややこしい事業主勘定のひとつ、事業主貸の使い方をマスターしよう

[本日の帳簿付け]

不動産投資の銀行口座から10万円引き出した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不動産投資とプライベートのお金は区別する

不動産投資が個人事業の場合)不動産投資とプライベートのお金の区別をつけることは困難である。

不動産投資であろうとプライベートであろうと、自分のお金であることに違いはないからだ。

だから、こういうことも普通にあるだろう。

  • 不動産投資用のお金を、旅行費用に充てる
  • 不動産投資用の銀行口座から、預金を引き出す
  • プライベート用のお金で、不動産投資に必要な備品を買う
  • プライベート用のお金を、不動産投資用の銀行口座に入金する

 

だが、会計ではこの2つのお金(不動産投資とプライベート)を区別しなくてはならない。

この区別に使われる事業主勘定が、事業主貸(じぎょうぬしかし)事業主借(じぎょうぬしかり)である。

不動産投資の事業主貸とは?

不動産投資の事業主貸とは、不動産投資事業が(プライベートの)あなた個人にお金を貸したことを意味する勘定科目である。

言い換えれば、不動産投資事業のお金を、あなた個人のわがままのために使用するということだ。

不動産投資の事業主貸とは?

 

ただ、あなたのお金であることに違いはないため、返還する必要はない。

不動産投資事業が(プライベートの)あなた個人にお金を貸した事実を「事業主貸」として帳簿付けするだけである。

事業主借」はコチラで解説中!

会計フリー「事業主借の使い方」不動産投資の口座へ現金を入金した

会計フリーを不動産投資用にカスタマイズ

会計フリーのデフォルトは事業所得である。

不動産所得が記録できるように、設定を変更する必要がある

 

会計フリーを不動産投資用にカスタマイズ 初期設定はこれだけ!』より

会計フリー「口座出金の帳簿付け方法」

[取引]→[取引の一覧・登録]を選ぶ。

会計freee「不動産投資用銀行口座から出金1」

 

[支出]を選び、口座は[出金する銀行名(不動産投資用口座)]を選ぶ。
[勘定科目]は[事業主貸]を選び、金額を入力する。

最後に[支出を登録]をクリックする。

会計freee「不動産投資用銀行口座から出金2」

 

この結果はこのように反映される。

 

参考:クラウド会計ソフトfreee(公式)
【個人】プライベートの支払いや生活費を支払った場合の記帳方法

会計フリー「事業主貸の使い方」のまとめ

ブログキャラ

事業主貸と事業主借。

どっちが貸しでどっちが借りなのか?本当にややこしい。

ただ、不動産投資の場合はこの5つのパターンで抑えられるからしっかり使い分けよう。

 

[事業主貸]

不動産投資事業が、あなたにお金を貸す

不動産投資の事業主貸とは?

使用例

  • 不動産投資用の銀行口座を使って、プライベートな何かを買う。
  • 不動産投資用の銀行口座から、預金を引き出す(出金する)。

 

[事業主借]

不動産投資事業が、あなたからお金を借りる

不動産投資の事業主借とは?

使用例

タイトルとURLをコピーしました