東京ワンルームは価格高騰中!それでも買い続ける単純すぎる理由

初心者
この記事は約3分で読めます。

「ブツハラ被害に合っている@ぴろりだ」

2019年、相変わらず東京のワンルームマンションの価格は高騰したままだ。

ブツ上げ業者からはひっきりなしにDMが届き、売れ売れコール。

要約するとこんな感じ。

  • 東京オリンピックが開催目前の今、ワンルームマンションは最後の売り時です。
  • 今、売らないと大損します。2022年に生産緑地が解放される前に。
  • 今なら、X万円で高価買い取りいたします!(←誰も頼んでないって!)

だが、売らない。

むしろ、買いである。可能な限り買い続ける。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

融資はいつ止まるかわからないから、ワンルームを買う

不動産業者さんが聞いたら、寄って集(たか)って買わせようとするかもしれないが、あえて言う。

ぴろり
ぴろり

融資が使える間は、精一杯買いたい!!

 

2018年から不動産関係の不祥事が続き、銀行の融資審査が厳しくなっている。

有名大家さんですら悲鳴をあげている。

だから、無名大家(兼無名ブロガー)であるボクが、無傷で済むはずはない。

融資が止まれば、自己資金が貧相なサラリーマン投資家は不動産が買えなくなるのだ。

サラリーマン大家不況到来!ボクの融資もカウントダウンか?

リスク分散のため、今年もワンルームを買う

ワンルームマンション投資は、アパート投資よりリスクのコントロールに優れている点がある。

例えば、エリアのリスク分散だ。

エリアのリスク分散とは、1.2カ所に物件を固めて所有するより、3.4.5…と、さまざまな場所に物件を所有する方が、その地域に何かトラブルがあったときのダメージが小さくなるというリスク分散法だ。

<ワンルームマンション投資>

広いエリアにワンルームマンションを8室所有

東京、川崎、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸に複数所有

 

<アパート投資>

東京大阪にアパートを2棟所有

首都圏、関西圏にアパートを2棟所有

ワンルームマンション投資が7戦全勝!アパート投資と比べるとココが違う

 

そして、ボクが毎年1室~2室をノルマのように買い続けるのは、時間のリスク分散のためだ。

ドルコスト平均法」をワンルーム投資に取り入れているのである。

ドルコスト平均法とは、1回にドサッと買うのではなく、毎月にように定期的に買います手法である。
(投資信託・ETFでは有名な投資手法)

そうすることで、相場の変動を受けにくくなり、大きく負ける確率が下がるのだ。

ただ、最近の不動産価格指数(全国)がこのような状態であるため、ドルコスト平均法的ワンルーム購入方法が有効であるかは定かではない。

2008年から2019年までの不動産価格指数(全国)

不動産の価格はまだ下がらないと思うから、ワンルームを買う

こちらのブログで書いたように、東京のワンルームマンションの価格は下がる様子がない。

融資が厳格化!それでも東京ワンルームの価格が下落しない理由

 

だから、買い増しするのだ。

例え下がったとしても、価格下落幅がローンの元金返済が進むスピード以下であろうエリアに絞って買っている。

未来の不動産投資 不動産テック×AIはここまで来ている

まとめ

ブログキャラ

東京ワンルームの価格は高騰したままで困ったもんだね。
でも、ボクが買い続ける理由を3つにまとめるとこうだよ。

  • 融資がいつ使えなくなるかわからないから。
  • 時間のリスク分散を意識しているから。
  • 価格下落の気配を感じないから。
タイトルとURLをコピーしました