ローン(融資)

ローン(融資)

ワンルームマンション投資は繰り上げ返済を使って資産を拡大せよ!

ワンルーム投資は融資で不利だと聞いたことがありますか?残念ながらそれは事実です。でも、繰り上げ返済を絡めて戦略的に買い増しすれば、10室までなら資産拡大ができます。
ローン(融資)

残念!銀行から見た区分マンションの価値(積算評価)はこの程度

ワンルーム投資は融資で圧倒的に不利です。なぜなら、区分マンションは物件価格と積算価格のかい離が大きいからです。例えば、物件価格900万円に対して積算評価400万円といった具合にです。
ローン(融資)

「ワンルーム投資の融資」と「自宅の住宅ローン」どっちが先が正解?

「不動産投資が先か?自宅が先か?」気になりなりますよね?不動産業者にそれを尋ねると、ほぼ100%「XXXが先」と答えます。でも、XXXを優先すると後で痛い目を見るかもしれません。
利回り

マンション投資は融資を味方に付けよ!税引き後売却益の計算方法はこう

毎月のキャッシュフローの少なさにウンザリしていませんか?しかし、融資を利用したワンルーム投資は、毎月のキャッシュフローが少なくとも、売却で一気に逆転できる可能性があります。
利回り

ワンルームマンション投資でハイレバレッジをかける2つの方法

ハイレバレッジはお好きですか?ボクは大好きです。でも、攻守のバランスが崩れない程度に控えています。昨今、利回りが低下しているため、レバレッジは効きにくくなりましたが、それでもGoGo!という方はどうぞ。
ローン(融資)

プロでも間違える!不動産投資のイールドギャップはこう理解せよ

「イールドギャップ=利回り-金利」を使っていませんか?これでは何もわかりません。不動産投資に使える、真のイールドギャップ(FCR-K%)を解説します。
ローン(融資)

不動産投資のローン返済 経費にできるのは利息だけ!例外も解説

ローン返済金の全額を経費にしていませんか?それはNGです。なぜなら、経費にできるのは利息のみだからです。また、ある条件を満たした場合は利息も経費にできません。
ローン(融資)

スルガ&TATERU事件後 オリックス銀行の面談審査はこう変わった

スルガ銀行&TATERU事件後、オリックス銀行の面談審査を受けました。その印象は堅剛!もう、小手先のテクは通じません。これらからは、アングラな投資家は淘汰され、クリーンな投資家しか生き残れないでしょう。
ローン(融資)

マンション投資の繰り上げ返済「期間短縮型」を選ぶ3つのデメリット

繰り上げ返済は「期間短縮型」の方がメジャーですよね?でも、不動産投資のローンを繰り上げ返済に限定して言えば、おすすめしません。デメリットが多いからです。
ローン(融資)

マンション投資の繰り上げ返済「期間短縮型」を選ぶ2つのメリット

繰り上げ返済には「期間短縮型」と「返済額軽減型」があります。繰り上げ返済の効果が高く、返済スピードを加速させられるのは期間短縮型です。
タイトルとURLをコピーしました