2018-08

ローン(融資)

マンション投資の繰り上げ返済「期間短縮型」を選ぶ3つのデメリット

繰り上げ返済は「期間短縮型」の方がメジャーですよね?でも、不動産投資のローンを繰り上げ返済に限定して言えば、おすすめしません。デメリットが多いからです。
ローン(融資)

マンション投資の繰り上げ返済「期間短縮型」を選ぶ2つのメリット

繰り上げ返済には「期間短縮型」と「返済額軽減型」があります。繰り上げ返済の効果が高く、返済スピードを加速させられるのは期間短縮型です。
リスク

マンション投資のリスクを減らす繰り上げ返済は「返済額軽減型」だ!

「期間短縮型」と「返済額軽減型」を比較すると、支払い利息の軽減効果が高い「期間短縮型」に注目が集まります。でも、ボクはその反対「返済額軽減型」しか使いません。その理由を解説します。
ローン(融資)

その繰り上げ返済 ワンルームマンション投資に必要ですか?

ローンの繰り上げ返済で迷っていませんか?繰り上げ返済にはメリットデメリットがありますからね。でも、こう考えてはいかがでしょうか?「繰り上げ返済効果が高いときだけ繰り上げ返済する」
ローン(融資)

不動産投資ローンの品質を高めてキャッシュフローを増やす方法

ローンは低金利が最強!と思っていませんか?ボクも低金利は大好物ですが、ローンの良し悪しは金利と融資期間で決まります。本記事は融資期間の大切さをお伝えします。
リスク

不動産投資の長期ローンは万能ではない!30年に隠された2大リスク

不動産投資のローンは低金利・長期間が最強です。しかし、30年35年という長期ローンは、2つの弊害を生み出します。
ローン(融資)

そのマンション投資「現金とローンのどっちが有益?」はこう判断する

あなたは現金派ですか?融資派ですか?ボクは現金がないので強制的に融資を使わざるをえません。ですが、現金で買うべき物件(ワンルーム)も多々あります。その理由を解説します。
利回り

レバレッジ大爆発!不動産投資でキャッシュフローを増やす方法

不動産投資のレバレッジを正しく理解していますか?レバレッジはプラスに働けばキャッシュフローを増加させますが、マイナスに働けば身ぐるみを剥がされるという二面性を持っています。
利回り

ローン定数(K%)で融資を比較 | 良い借金?悪い借金?が見えてくるぞ

「その融資で銀行がどのくらい儲かっているのか?」考えたことがありますか?今回取り上げるのは、不動産投資家の反対側の世界。銀行側の利回り「ローン定数(ローンコンスタント:K%)」です。
初心者

ババ引かされたから暴露する!怪しい不動産コンサルタント3名を

「不動産コンサルタント」を名乗るのは自由です。だからか?怪しいコンサルが一定の割合で混じっています。ボクが出会ったダメコンサルをすっぱ抜きます。
タイトルとURLをコピーしました