2018-08

ローン(融資)

マンション投資の繰り上げ返済「期間短縮型」を選ぶ3つのデメリット

「期間短縮型」と「返済額軽減型」。このふたつの繰り上げ返済では「期間短縮型」の方がメジャーである。しかし、デメリットが多いため私は行わない。その理由を解説する。
ローン(融資)

マンション投資の繰り上げ返済「期間短縮型」を選ぶ2つのメリット

繰り上げ返済には「期間短縮型」と「返済額軽減型」があり、期間短縮型の方が「繰り上げ返済の効果が高く、返済スピードを加速させられる」それを数字で検証してみよう。
リスク

マンション投資のリスクを減らす繰り上げ返済は「返済額軽減型」だ!

「期間短縮型」と「返済額軽減型」を比較すると、支払い利息の軽減効果が高いため期間短縮型繰り上げ返済に注目が集まる。しかし、ワンルームマンション投資のリスクを下げるためには、返済額軽減型を選びたい。
ローン(融資)

ワンルームマンション投資で繰り上げ返済をしていいときダメなとき

ローンの繰り上げ返済は賛否両論ある。繰り上げ返済にはメリットデメリットがあるからだ。今回提案するのは、投資効率を高めてリスクを軽減する繰り上げ返済。つまり、いいとこ取りである。
ローン(融資)

不動産投資ローンの品質を高めてキャッシュフローを増やす方法

「ローンの品質」は金利と融資期間で決まる。そして、ローンの品質がよい方がキャッシュフローを得られる。金利、融資期間、銀行利回り、キャッシュフローの関係について解説する。
リスク

不動産投資の長期ローンは万能ではない!30年に隠された2大リスク

30年35年という長期ローンは、キャッシュフロー重視の不動産投資によく使われる。しかし、長期ローンは2つのリスクを負うことになる。
ローン(融資)

そのマンション投資「現金とローンのどっちが有益?」はこう判断する

ワンルームマンションを買うとき、現金投資でいくか?ローンを使うか?迷うこともあるだろう。物件と融資の組み合わせで結果が違うからだ。本記事は「どちらが有利な投資なのか」を判断する方法を解説する。
利回り

レバレッジを狙え!不動産投資でキャッシュフローを増やす方法

ローンを活用したワンルームマンション投資のレバレッジは無限大である。今しようとしている投資がレバレッジが効くかどうかを判断する方法を解説しよう。
利回り

良い借金?悪い借金?融資の品質は銀行利回り(K%)が教えてくれる

銀行利回り(K%)とはローンのレンタル料のことである。そのローンがワンルームマンション投資に活かされているかを調べるのに使える指標である。
初心者

サラリーマン投資家よ 悪質不動産コンサルに近づくな!さもないと失敗する

不動産コンサルタントは名乗るのに資格はいらない。ただ、不動産は高額商品であるため投資家の人生を変えるパワーがある。だからこそ、高い倫理観を持った人になってもらいたいと思う。
タイトルとURLをコピーしました